カテゴリーアーカイブ Uncategorised

英会話教室と海外留学はどっちが良いの?それぞれのメリット・デメリット

海外旅行がきっかけで英語学習に興味を持つ人は沢山いると思います。英語学習をする上で、様々な方法があり、英会話教室に通うべきか思い切って海外留学をするのか迷ってしまいますよね。英会話教室と海外留学はどちらも英語を学ぶことはできますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回は英語学習をする上で、英会話教室と海外留学におけるメリットとデメリットについて教えていきますね。

英会話教室での英語学習

英会話教室は週1日や週2日など、決まった日時に英会話教室に通うことにより、英語学習をする方法です。教室内では英会話講師による、ネイティブな英語を学べるだけでなく、英語の基礎から学ぶことができます。英語学習という共通意識を持った生徒の年齢や性別は様々であり、友人を作る場としても魅力的だといえるでしょう。

英会話教室のメリット

英会話教室での英語学習は、“英会話教室に通う”という習慣化することにより、英語学習に慣れるメリットがあります。日本人スタッフも常駐していることが多く、どうしてもわからない部分は日本語でサポートしてくれるのが強みだといえるでしょう。英会話教室で綿密に構成されたカリキュラムは、英語を効率的に学習することが可能であり、目標を達成しやすいのが最大のメリットだといえます。

英会話教室のデメリット

英会話教室での英語学習は、常に英語での会話環境になるわけではなく、英会話教室内でのみ英語環境になります。英語学習をする上で、英語量が少なく、英語での会話が習慣化しにくいのがデメリットだといえるでしょう。英会話教室での英語学習に慣れてくると、“英会話教室に通う”ことが目的になってしまうこともあり、徐々に学習意欲が薄くなることが最大のデメリットとなります。

海外留学での英語学習

海外留学における英語学習は、英語環境での生活をすることにより、語学だけでなく英語圏での文化も学ぶ学習方法です。基本的には周りに日本人がいないので、すべての会話ややりとりを英語で行なうことになるので、短期間で英語を学ぶことができます。日本では出会うことができないような外国人の友人を数多く作ることができるのも、海外留学の魅力だといえます。

海外留学のメリット

海外留学は生活基盤が英語になるので、英語を勉強するという気持ちが無くても、英語が身に付きやすいのがメリットとなります。日本では体験できないような文化を知ることもできるので、自分の価値観が広がりやすく、人間的に成長できるのが最大のメリットだといえます。留学先にもよりますが、空き時間に観光などを楽しむこともできるので、勉強と遊びを両立できる点もメリットとなります。

海外留学のデメリット

海外は国によっては、人種差別が激しい場所もあるので、日本人が人種差別の対象になってしまう場合もあります。留学先で日本人同士のコミュニティができやすく、英語学習をする環境が整わないことがあるデメリットもあります。日本との文化の違いに馴染めず、食文化や生活様式の違いに困惑することもあるのが、最大のデメリットだといえるでしょう。

まとめ

英会話教室と海外留学は英語学習をする上で、共通の目的となりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。英会話教室での英語学習は、気軽に英語学習を始めることもできますが、学習意欲が薄れやすいのも特徴となります。海外留学での英語学習は、英語を身に付けやすいといえますが、文化の違いに困惑することもあるのが特徴となります。自分の考えを見据えた上で、英会話教室化海外留学を選ぶことをおすすめしますよ。

英会話をマスターするには目標設定が大事・目標の作り方について紹介

グローバル化の進んでいる現在、英会話をマスターしたいと思っている人も多いでしょう。しかし最初はそう思っても長続きしないという人はいませんか?それは目標設定に問題があるからかもしれません。長続きする英会話の目標設定についてまとめました。

長期目標から短期目標へ

まずは最終的なゴールを考えましょう。これは漠然としたもので構いません。「いつかかなえられればいいな」と思えるような目標を考えましょう。「通訳や翻訳家として食べていけるようになりたい」でもいいですし、「海外で役者として活躍したい」でも構いません。この時「どうせ無理だろう」と勝手にあきらめないことです。周りから笑われるような夢でも、設定すればそれが勉強するためのモチベーションになります。

次に具体的な目標を

最終的な目標が決まると、現時点から目標達成するまで何ステップもあるはずです。この目先のステップを達成するためにはどうすればいいか、短期的な目標を設定します。この時、少し頑張れば達成できるような目標を何個も設定するのがおすすめです。あまりに遠い目標にしてしまうと、なかなかたどり着けず挫折してしまうからです。

行動目標を決めよう

目標を設定したところで、学習しなければスキルアップしません。そこで普段の学習習慣の目標を設定します。具体的には、英会話の教材を1日30分は勉強する、1日に30単語を着実に覚えるといった目標です。このラインを達成するために、日頃勉強する習慣が身につくはずです。日々やるべきことを決めて、英会話の勉強せざるを得ない環境を自分で作ります。

常に見直すことも大事

目標を設定したところ、「これを実際達成するのは現実的ではないな」とか「これだと楽々達成してしまうな」と感じるケースも出てくるでしょう。もしハードルが厳しめであれば、少しやさしくしましょう。逆にあまりすいすい目標達成できるようであれば、少し厳しくしてみます。このように目標を決めたらずっとそのままにしておくのではなく、その時々の状況に合わせて微調整することも大事です。

まとめ

英会話をマスターするのは、何か月・何年という長期戦になります。「英語を勉強するぞ!」と最初は強く思っていても、徐々にその意識は低下するのが人間です。そこでおすすめなのが、目の前に目標を作ることです。目標が決まれば、そこに向けて日々努力が続けられます。また最初の目標設定が自分に合っていないことも出てくるかもしれません。その場合にはその都度見直すことが重要です。

初めての英会話教室で注意すべきこと

英会話教室に通ってネイティブな発音で外国人と話せるようになりたいと考えている人は少なくないでしょう。しかし、初めて通う際にはどんなことに注意して英会話教室を選べば良いかわからない人もいます。そこで、初めての英会話教室で注意すべき点について紹介します。

何を目的として英会話教室に通うのか

初めて英会話教室に通う場合には、何を目的にどのような結果を期待するのかを明確にしておくことが大切です。外国人と日常会話を楽しんだり簡単なガイドをしたりするための英会話とビジネスでも通用する英語を習得するための英会話ではレベルが全く異なります。

目的と目指すレベルに合った英会話教室を選ぶことが大切です。また、英会話教室に通うだけで上達するわけではないため、レッスン内容だけでなく自宅でどのようなトレーニングができるのかについてもチェックしておきましょう。

日本人講師かネイティブ講師かにも注目

目的や習得したい英会話のレベルによって日本人講師、ネイティブ講師を選択することも大切です。外国人講師だからといって必ず英会話が上達するとは限りません。基礎から勉強したいのであれば日本語を交えて丁寧に教えてくれる日本人講師を選んだ方がいいでしょう。一方、リスニングやスピーキングを重視したいのであれば、ほとんど日本語を話さない外国人講師の方が向いています。

英会話教室のスタイルが合っているか

英会話教室のレッスンにはさまざまなスタイルがあります。グループレッスンは講師1人に対して生徒複数名で受講するスタイル。レベルや目的、年齢別などによってグループ分けされており、料金が安く仲間と楽しく学べるメリットがある反面、積極的に参加しないと受け身的なレッスンになることがあります。

マンツーマンレッスンは1対1の完全なプライベートレッスンです。個人のニーズや目的、レベルに合わせてカリキュラムを組むことができるメリットがあります。その反面、グループレッスンに比べると料金が高くなり講師との相性もカギとなります。自分のレベルや目的、性格などに合わせてレッスンスタイルを選ぶといいでしょう。

時間に縛られないレッスンもある

仕事で忙しい社会人は決められた時間、場所に通うことが難しいこともあります。契約受講数の範囲内で自由に時間を選択して通える英会話教室は臨機応変に対応ができて便利です。また、スカイプなどを利用して自宅でマンツーマンの英会話レッスンを受講できるスタイルもあります。

まとめ

初めて英会話教室に通う際には、自分の目的やニーズ、好みに合わせてレッスンスタイルや回数などを選択する必要があります。当英会話教室では個人のニーズに合ったきめ細かいレッスンの提供が可能です。

英会話の習得にはどれくらいの期間が必要か

最近では小学校でも英語学習が導入されており、大学まで含めると10年以上英語を学習することになります。それでも英会話に自信がない、話せない人はたくさんいます。そこで、英会話を習得するにはどれくらいの期間が必要なのか、英会話教室の活用も含めて説明します。

英会話の習得には3,000時間かかる!?

一般的に英語習得には3,000時間かかるといわれています。このうち1,000時間程度は学校の授業で習っているので社会人で学ぶ場合は2,000時間が必要となる計算になります。毎日1時間英語学習を行うとすると2,000時間をクリアするのになんと5年6ヵ月ほどかかります。1日5時間なら1年ちょっととなりますが現実的に厳しいでしょう。

ただ、英会話に求められるのは文法や長文読解などの受験英語ではなく、リスニング、スピーキング、そして発音がメインとなります。したがって、英会話教室に通って数ヵ月程度でペラペラ話せなくても日常会話程度の英語力は身に付けることができるのです。

英会話力を身に付けるポイント

英会話力を身に付けるための重要なポイントの1つは継続です。英会話教室に毎日通うことはなかなか困難でしょう。レッスンがない日でも少しでも勉強することが習得への近道となります。長時間勉強する必要はなく、少しずつでも毎日続けることが大切です。通学や出勤途中にリスニングを行うだけでも英会話力に違いがでます。

英会話習得期間を短縮するには

自学だけで英会話力を身に付けるのは大変なことです。英会話教室を活用すれば目的やニーズに合わせたカリキュラムにそってエッセンスが絞られたテキストを使って短期間で習得することができます。

英会話はインプット、アウトプットのどちらか片方だけでは不十分です。講師を相手にリスニングとスピーキングが同時にできるため効果的に英会話力を身に付けることができます。レッスン以外の予習、復習にどれだけ時間をかけるかによっても習得期間の短縮が可能となります。

英会話教室+αも必要

英会話教室を効果的に活用すれば英会話習得期間を短縮することは可能です。しかし、毎日レッスンに通うことは難しいため、普段から英会話教室+αの勉強を意識する必要があります。簡単な日本語で書いた日記を自分なりに英作文して講師に添削してもらうことでも力がつくでしょう。また、海外ドラマや映画を原語のまま視聴するだけでもリスニング力が身に付きます。

まとめ

英会話の取得には3,000時間程度かかるといわれていますが、日常会話レベルであれば工夫次第により、数ヵ月で英会話力を身に付けることができます。当英会話教室では、楽しく効果的に英語が学べるようなレッスンを提供しています。

英会話を上達させるには

英語を話せるようになりたいと英会話教室に通う人は少なくありませ。しかし、英会話は、料金の高い英会話教室でネイティブスピーカーを講師にレッスンを受ければ必ず上達するというものでもありません。英会話教室を活用して英会話を上達させるためのコツやポイントについて紹介します。

英会話を上達させるコツ

何となく英会話教室に通っても目標がなければ途中で飽きたり挫折したりする可能性があります。留学や海外旅行、外国人の友達をつくりたい、ビジネス英語を学びたい、など何のために英会話力を身に付けたいのかを明確にすればモチベーションを維持しながら勉強できるので上達も早くなります。

英会話教室に通ったからといってすぐに英語がペラペラ話せるようになるわけではありません。焦らずにスモールステップで少しの成長に喜びを感じることが大切です。初級レベルからのチャレンジでは半年程度しないと結果がみえないこともあります。楽しみながらコツコツと努力を積み重ねることが大切です。

無理のない料金もポイント

英会話を上達させるにはとにかくコツコツと長く継続することが大切です。そのためにはレッスンへのモチベーションを維持することができるだけでなく、通いやすい料金設定であることも重要なポイントとなります。レッスン内容が充実していても料金が高ければ継続できないこともあります。コスパの優れた自分に合った英会話教室を選ぶことが大切です。

レッスン以外の時間を充実させる

週に1回程度英会話教室に通ってもレッスンが終わると学んだことを忘れてしまいます。英会話を上達させるためには、レッスン内容の充実だけでなくレッスン以外の時間をいかに効果的に使うかが大切です。予習の仕方次第で上達のスピードが変わりますし、反復復習することで定着が図られます。

英会話教室を選ぶ際には、予習、復習に適したテキストがあるか、自学でやるべきメニューまでアドバイスしてくれるかもポイントにするといいでしょう。ただ、学校の英語学習とは違って楽しみながら勉強することが大切です。

同じ目標を持つ友人をつくる

英会話教室のレッスンは、グループ、マンツーマンに大別されます。日常会話を楽しく学びたいのであれば同じレベルの人と楽しく会話することも大切です。同じ目標を持つ友人ができれば、レッスン以外にも英会話を話題とした交流ができモチベーションの維持にもつながります。

まとめ

英会話を上達させるためには明確な目標を持って少しずつスキルアップを図りながら継続することが大切です。当英会話教室ではレベルに合わせて楽しみながら英会話力を身に付けることができます。レッスンだけでなく講師や友人とのコミュニケーションも魅力です。

英会話教室に通うメリットとは

英会話力を身に付けるために英会話教室を検討している人のために英会話教室に通うメリットについて紹介します。最近ではオンライン英会話やアプリによる英会話学習も登場していますが、英会話教室ならではのメリットは少なくありません。

指導力の高い講師と会話できる

英会話力を身に付けるために英会話教室を活用する最大のメリットは指導力の高い講師と直接会話ができることでしょう。個人レッスン、グループレッスンによって生徒1人当たりの会話時間には違いがありますが、必ず会話できる機会が保障されています。

ネイティブ講師だけでなく日本人のバイリンガル講師の授業も選択できるので自分のレベルに合わせることができます。リアルタイムで反復練習や質疑応答などができるため、臨機応変に対応する力が身に付くとともに英会話そのものに慣れることが可能です。

カリキュラムやメソッドが充実している

英会話教室のほとんどが日本人の英会話レベルに応じた複数のレッスン内容を準備しており、効率的に上達できる体型的なカリキュラムやメソッドを持っています。カリキュラムにそって少しずつ学ぶだけでスキルアップすることが可能です。英会話上達までの道筋が明確であることも英会話教室の魅力といえるでしょう。

オンライン英会話のメリット、デメリット

最近では自宅で好きな時間にいつでも英会話レッスンが受けられるオンライン英会話も人気となっています。英会話教室と比較すると料金が安いことも魅力でしょう。早朝や深夜、休日に関係なくマンツーマンレッスンが受けられることがメリットといえます。

その一方で、ネイティブスピーカーではない外国人が講師となることもあり講師の質に大きなばらつきがあります。また、リアルなシーンで直接面と向かって会話する臨場感は得られないため、オフラインでの英会話に自信が持てないことも少なくありません。また、自由が利きやすいだけに強い意志がないと継続が難しくなることもあります。

英会話学習アプリ

最近では隙間時間を使っていつでもどこでも英会話学習ができるアプリも登場しています。スマホさえあれば勉強できるメリットがありますが、リスニング、スピーキングに特化したアプリは少ないためアプリの選択を誤ると英会話力が身に付かないこともあるでしょう。また、SNSや動画の使用を優先して勉強がおろそかになることも考えられます。

まとめ

英会話を効率よく上達させるためには体系的なカリキュラムやネイティブ講師と対面して直接会話ができる英会話教室がおすすめです。当英会話教室には一人ひとりのレベルやニーズに合わせたきめ細かいレッスンが提供できる講師が在籍しています。